キムラ建設・三井のリフォーム片瀬店ブログ

一番のメンテナンスフリー瓦屋根の寿命

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、瓦屋根の雨漏り補修をしました。

築70年経った家の玄関で雨漏りがしているという事で、さっそく行ってみると

IMG_44352

立派な玄関でした、、、、じゃなくて隙間から吹き込んでいる様子でした。

お客さんに確認してみると、棟付近で強風時に漏っているようでした。

瓦は半永久的に風雪に耐えて傷みませんので、念のため下地の状況を確認しました。

 

IMG_4560

瓦を剥がしてみると、隙間ができてしまっていて昔の下地で使われていた杉板は風化して無くなりかけていました。1mm程度の杉板がよく70年ももったと思いながらお疲れ様を言い渡して、下地の張り替えをおすすめしました。

いくつかの材料での葺き替えを検討した結果、むくりがついた屋根なので消去法で費用対効果が一番高い葺き替えに決定しました。

谷の部分もこのように瓦の影響で腐食が進んでいました。

IMG_4108

 

瓦と銅板の相性が悪いようなので、谷部分も板金屋さんにステンレス製で作り直してもらいきれいに流れるようにします。

IMG_4645

 

玄関へ落ちないように針金と専用の粘土を駆使してしっかり固定していくと、

IMG_4841

整然として水の流れが良く見えるようになりました。先日の猛烈な嵐でも雨漏りせずに安心して過ごせたそうです。

どれ位の期間、材料をもたせるかは施工品質によります。

瓦の寿命に期待して、また70年以上頑張ってくれれば次の工事は2086年頃でしょうか。

IMG_4919

関連記事